おいしくて質の良い水を求める際に利用すると良いサービスとは

比較で決定

ボトルタイプで比較してウォーターサーバーを選ぶなら

ウォーターサーバーのボトルタイプには、ボトルを使い捨てにするワンウェイ方式と、空のボトルを返却するリターナブル方式があります。比較するとどちらがよいのでしょうか。 まずワンウェイ方式は、使い捨てなので返す手間がないという利点があります。やわらかく安全な素材でできており、簡単につぶして捨てられますし環境ホルモンの心配もなく、現在主流となっている方法です。 一方リターナブル方式のボトルはポリカーボネート製のものが多く、環境ホルモンの影響が出る可能性があると言われています。実際健康被害の報告は出ていませんが、乳幼児のいる家庭ではワンウェイの方が比較的安心かもしれません。ただしリターナブル方式のウォーターサーバーはボトルを再利用するため、コストダウンと環境保護になるというメリットがあります。

ウォーターサーバーをサーバータイプで比較すると?

ウォーターサーバーのサーバータイプには、床置き型と卓上型があります。床置き型は現在ウォーターサーバーの主流となっているもので、高さが100〜120cm、幅は30〜35cmあり、昔と比較するとスリムにはなったものの、ある程度のスペースは確保する必要があります。 一方卓上型は高さ50〜70cm、幅30〜35cmと比較的小型で、特に高さがないためテーブルなどの上にも置くことができ、床置き型を置くスペースのない場合でも導入できます。小さいので移動も簡単ですが、反面ぶつかって倒してしまう恐れもあるため、小さい子どもやペットのいる家庭では倒れにくい床置き型の方が適しています。卓上型のウォーターサーバーは小型化が進んでおり、コーヒーメーカーと同じ大きさのものもあるくらいで、一人暮らしの人には適していると言えるでしょう。